若年性健忘症の原因と対策

若年性健忘症の原因と治すための対策は

物忘れについて説明する女

人によって程度の差がありますが、20代から30代の若年層と呼ばれる年代なのに、物忘れが激しかったり重度の記憶喪失などといった記憶障害が起こる症状を若年性健忘症といいます。

 

認知症やアルツハイマーなどといった記憶に障害が起こる病気がありますが、若年性健忘症はこれらの脳の病気とは違って、検査をしても脳に何も異常が見つからないという特徴があります。

 

脳に異常がないにもかかわらず、人の話している事が理解できなくなったり、話を聞いて理解したとしてもすぐに忘れてしまうといった症状が現れます。そして物忘れが激しくなり、認知症などと同じように日にちや曜日といったことを何度も尋ねたり、食事をしたことを忘れたり食べた物が思い出せなかったりといったことが多くなります。

 

若年性健忘症になる原因として考えられるのは、脳を使わなかったり強いストレスを感じている事、頭部に外傷を受けたことなどが考えられますが、検査による異常を見つけられないので、はっきりとした要因がわからないことが多くあります。

 

考えられる説としては、パソコンなどの便利なツールを利用することによって、自分の頭でものを考えなくてもよくなってしまったということが原因とも言われています。

 

考えなくてもいい状態が多くなると、脳を使わなくなり刺激も受けなくなります。人間の脳は使わないと年齢に関係なく衰えてしまい若年性健忘症の症状を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。

 

若年性健忘症にならないための予防と対策としては、脳を刺激してあげることが大切になります。計算問題を解いたり、辞書を引いてみたり、新しいことにどんどんチャレンジして知らない人と話してみたりと、常に脳を使って考えて刺激を与えてあげるのです。文字もパソコンなどではなく手書きで書くと効果が期待できます。

 

便利な世の中ですから楽をしようと思えばいくらでもできます。しかしそれでは脳は退化してしまいますから、どんどん使って刺激を与えてあげましょう。

 

⇒物忘れを改善するためにおすすめのサプリメントは