若年性認知症の原因と予防

若年性認知症の原因と予防について

若年性認知症について話す女

若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症のことをいいますが、発症するのは、比較的男性の割合が多いといわれており、早期発見が大事とされています。

 

若年性認知症の原因疾患は「脳血管認知症」「アルツハイマー病」「頭部外傷後遺症」「アルコール依存症」等があります。

 

例えば「アルツハイマー病」は、脳に異常なたんぱく質が溜まることで、情報を伝える神経に悪影響を及ぼし、細胞を死滅させ、脳が委縮して起こります。

 

初期症状は「作業力の低下」や「意欲の低下」などがありますが、これはうつ病や更年期障害と間違われることもあり、若年性認知症との区別が難しいとされています。

 

また、気をつけたいのは急性による大きな脳出血や脳梗塞です。意識障害や、言語障害などの症状が現れるのことが多く、その症状に目が奪われ、その症状が落ち着くと、残された認知症を見落としてしまう場合があります。

 

そのような病気の予防として、「食生活の見直し」「運動の見直し」「食生活の見直し」があります。食生活は、バランスのよい食事を心がけ、野菜や果物をしっかりと取り、塩分や糖質、カロリーを取りすぎないようにしましょう。そして、早食いはせず、よく噛んで食べてください。青魚に含まれるDHAやEPAを積極的に取るため、イワシやサバを食べるといいです。

 

次に運動は、意識して有酸素運動を心がけ、適度に負荷のかかる運動を、一日30分、週3回目安に継続的に続けましょう。最後に、夜更かしはせず、規則正しい生活をします。タバコを吸われている方は禁煙をして、暴飲暴食や、過度な飲酒は控えるようにしましょう。また、人とコミュニケーションを取ると脳が活性化されますので、友人や家族と会話を楽しむのもいいですし、指先の運動も予防につながります。

 

こういった日々の生活の見直しで、若年性認知症は予防できますが、どれも継続していくことが大切です。趣味などを作り、それに打ち込むのも予防になります。

 

⇒物忘れを改善するためにおすすめのサプリメントは