若年性健忘症とストレスの関係

過度なストレスで物忘れが・・・若年性健忘症とストレスの関係

スイトレスについて考える女

加齢によって物忘れが激しくなるのはよく知られていますが、20代から30代の若年層においても物忘れが起こることがあります。これを、「若年性健忘症」といい、軽い物忘れから重度の記憶障害まで、その程度は様々です。

 

若年性健忘症の原因も人によって異なりますが、強いストレスが原因で起こることもあります。人間の脳はストレスによってかなりの悪影響を受けることが分かっており、仕事や学校などで慢性的に強いストレスに晒されていると脳がじわじわと影響を受けていき、やがて若年性健忘症を発症してしまうです。

 

もし20代から30代の若い人で物忘れが激しいと思ったら、若年性健忘症を疑ってみることをおすすめします。物忘れが激しかったとしても、「自分はまだ若いから関係ない」と思っている人は、特にこの病気を疑う必要があるでしょう。

 

若年性健忘症の検査を受ける時は、脳神経外科か神経科を受診します。この病気は今もなおはっきりとした原因が解明されていないため、まずは医師の指示のもとでチェックリストを使った問診や臨床、脳機能検査が行われます。これらの検査を受けることによって、初めて異常が発見されると言われています。

 

治療に関しても、原因がはっきりと分かっていないため、確実な治療法は現在のところありません。ただ、「脳を使わないこと」が原因で若年性健忘症を発症していることも多いため、毎日人と会話したり、散歩などで様々なものに興味を持ってみるなど、日常生活の様々な場面において脳に刺激を与えることが有効とされています。若年性健忘症は、薬の服用や手術によって治すというものではありません。この病気は、脳に刺激を与えることで改善が見られることが多いのです。

 

そして、自分が若年性健忘症にならないためには、普段から脳に刺激を与えることが大切です。パソコンやスマートフォンが普及した今、自分の頭で考えるということが少なくなりました。日常生活に少しでも脳の刺激となることを取り入れて、この病気の予防に努めていきましょう。

 

⇒物忘れを改善するためにおすすめのサプリメントは