うつ病と物忘れの関係

うつ病と物忘れの関係とは

うつ病と物忘れについて考える女

うつ病は誰でも罹患する可能性がある病気であり、様々なメディアでも取り上げられているため、どのような症状を発するのか容易に思い浮かべられる人も多いでしょう。気持ちが優れずいつも憂鬱・食欲低下・睡眠障害・希死念慮などがイメージされやすい症状といえます。

 

しかし、うつ病が原因で物忘れが起こることはあまり知られていないのではないでしょうか。うつ病が発症すると、神経伝達物質であるセロトニン・ノルアドレナリンの量が減少するために、気分障害や意欲低下、思考能力の低下が起こるのです。

 

そのため、脳がスムーズに働かなくなってしまい物忘れにつながるのです。記憶ができないというよりも、思考することが困難な状態だといえるでしょう。

 

うつ病に罹患すると、正常に思考ができなくなってしまい、何をしても集中できず、しなければならない物事にも手がつけられない状態に陥りやすいのです。

 

物忘れや集中力の低下が起きるために頻繁にミスをしてしまいやすく、理解のない人から責められることによって追い詰められてしまうケースが多くみられます。責任感が強く周囲の人に迷惑を掛けたくないと思う人や完璧主義の人はストレスが溜まりやすいために、うつ病に罹りやすいことは広く周知されています。

 

しかし、本人がうつ病であることを周囲の人に知られないように隠そうとしたり、認めないことも多く、他人にうつ病であることを悟られる時点では既に重症になってしまっていることも考えられます。身近な人が物忘れが多くなったり、いつもは問題なくできていることをひどく億劫そうに行っているようならば注意して様子をみるようにしたいものです。

 

物忘れをしてしまうこと自体を深刻に捉えてしまいやすく、正常に物事を考えられない状況の中で混乱してしまうことも考えられます。しかし、うつ病が原因の物忘れは、病気が治癒し神経伝達物質が正常な状態に戻ることで治るので、治療に専念することが大切です。

 

⇒物忘れを改善するためにおすすめのサプリメントは